前へ
次へ

着物買取査定依頼時の三つの選択肢

着物買取の専門業者に査定を依頼する場合には、店舗への持ち込み、訪問査定、宅配査定の三つの方法から選択が可能です。
どの選択も一長一短がありますが、手間や時間など様々なポイントを加味して選択肢を絞り込む必要があります。
訪問査定は自宅まで鑑定士が出張してきてくれて、引取りから現金化までその場で即可能な為、手間の面では優れています。
しかし、鑑定士の出張費分も考慮した査定額となる事や、わざわざ足を運んでくれたと考え納得できない査定額でも断りにくいと言う点も、踏まえる必要があります。
宅配買取の場合には直接業者と顔を合わせずに済むので、査定だけでも依頼しやすい面がありますが、荷物の発送の手間などを踏まえておく必要があります。
いずれにせよ手間や現金化のスピードには優れていますが、オークションなどと違い、自分で設定した売りたい金額で売ると言う事はできません。
基本的には着物買取の専門業者の利用は、一番無難な方法と言えます。

色々な方法で着物が買取に出せます

着用しなくなった着物は専門業者に買い取りに出せます。
かなり古い着物や帯などの小物類もOKなので色々と持っていってみるのもいいでしょう。
専門業者では着物の専門知識を持った査定員が、1点から細かく査定してくれます。
一番無難なのがお店に直接持ち込んで買取に出す方法です。
査定員がすぐに確認するので、納得がいけば現金が即日で受け取れます。
しかし、忙しかったりお店が近くになくて持ち込みできない人もいるでしょう。
そんな人はスタッフが自宅を訪問する出張買取が便利です。
まずは電話などで希望の日時に買取を申し込みます。
当日、査定員が自宅まで来てくれるので持っていく手間が省けます。
着物の量が多くて持っていけない人にも便利な方法です。
買取価格は店頭への持ち込みとほぼ同じです。
最近ではインターネットから申し込める宅配買取もあります。
着物や小物を梱包してお店に送れば後日査定結果が返ってきます。
金額に納得がいけば指定の口座に振り込まれます。
着物買取は自分に合った方法を選びましょう。

Page Top