前へ
次へ

親から譲り受けた着物の査定をしてもらう

着物のいいところは、ある程度のサイズの調整をできるところかもしれません。
さすがに低い身長の人のものを高い身長の人が着るのは難しいですし、その逆もバランスは良くないでしょう。
でも身長差が10センチ以内ならそれほどおかしくなりません。
体型も多少であれば同じものを着ることができます。
そのために親子間で着物のやり取りをすることがあるでしょう。
若い人はあまり着物を購入したり着ることはないかもしれませんが、中高年の人であれば花嫁道具として着物を持ってきている人もいます。
それを娘に譲る人もいます。
親から譲ってもらったけども、着る機会のないまま置いている人もいるでしょう。
親から譲り受けた着物があって着ていないのであれば、着物の買取業者に査定をしてもらうようにしましょう。
昔のものだからと価値があまりないと考える時がありますが、素人ではどんな着物に価値があるかはよくわからないでしょう。
意外に高価なものだったりするときもあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kaitoriset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

着物の買取をしてもらった感想について

祖母の遺品整理をすることになり、着物もたくさん出てきましたが、母も私も着物を着ることはないので何着かのみ残してあとは手放そうかなという話になりました。
悩みましたが、捨てるのはもちろん嫌だし誰か来てくれる人がいればという気持ちから、買取業者にお願いしようということになりました。
初めてのことでハラハラしましたが、近場で有名な買取業者があったので、持って行ってみることにし、連絡してから足を運びました。
初めてのことでしたが、とても丁寧に対応してもらうことができたのでホッとしたし、スムーズに買い取ってもらうかもができそうだなと感じました。
着物に対しての知識がきちんとあるということはわかったし、なぜその価格になったのかという説明もあったので安心できて良かったです。
丁寧な買取業者を見つけたからこそ、祖母の思い出の着物を気持ちよく手放すことができたし、金額的にも満足することができたなと思って満足しています。

Page Top