前へ
次へ

オークションサイトやフリマサイトの利用

着物を売る場合、買取先のお店の選別にも注意する必要があります。
売却先によって買値が変わってきますので、最初にお店の選択からはじめることをオススメします。
着物を売る方法は様々ですが、そのひとつにオークションやフリーマーケットがあります。
オークションやフリマサイトは自分自身で買取価格を設定できるのが特徴であり、そのため納得のいく金額で売ることができます。
ただ、オークションはオークションサイトを、フリーマーケットはフリマサイトなどの専用サイトを利用することになりますので、その分の利用手数料が必要です。
サイトでの利用手数料はそれぞれ異なりますので、事前に確認しておくとよいです。
このように着物の買取ではオークションサイトやフリマサイトがありますが、こちらは、たとえ出品したとしても確実に売れるかどうは分からないのがデメリットと言えます。
また、実際に出品する着物の価値が分からないと、相場よりも安い値段で手放してしまう可能性も出てきますので注意しておきましょう。

面倒な写真撮影は不要な着物買取

不要になった着物を売却する方法は、複数あります。
高く着物を売りたい方々は、オークションを検討している事も多いです。
確かにオークションなら、高く売れる可能性はあります。
しかし実際には、着物買取のお店に売却している方が多いです。
オークションは手間がかかるからです。
WEBのオークションに出品するなら、画像データを作成する必要があります。
着物の写真を撮影し、オークションのサイトにアップロードするのが一般的です。
しかし着物を撮影するのは、慣れていないと大変です。
画像がぼやけていると、オークションで落札されない可能性もあります。
ところが着物買取のお店の場合は、わざわざ写真撮影する必要はありません。
出張買取という方法なら、買取店の担当者に現物を見てもらえば良いからです。
また店頭買取という手段も、着物の現物をお店に持参するので、写真撮影は不要です。
つまり買取という方法なら、手軽に売却できる訳です。
あまり手間をかけずに着物を売りたいなら、オークションよりは買取にする方が良いでしょう。

Page Top