前へ
次へ

買取額が異なるから比較や検討も必要

実際に着物を見てみないと、細かい値段は伝えることはできません。
着物買取実績があって、HP上に掲載された内容でも、目安・相場であって、査定してみなければ値段は分かりません。
また、着物であっても、喪服や木綿・化繊の着物は買取不可とする業者が多く、なるだけ、どんな着物も買取していますなどの謳い文句を掲げる業者を活用しましょう。
もちろん、シミや汚れが付いていれば、査定価格は下がりますが、例えば、振袖は長襦袢があればセットで査定すると、価格は上がります。
また、稽古などで踊りをしていれば、藍染帯などを数百枚近くコレクションしていることでしょう。
近くに買取店がなければ、宅配買取も活用できます。
一度半分だけを査定に出してみて、その上でまた買取してもらうか検討してみるのも一法です。
沢山の着物も急ぎでなければ、季節を先取りしたり、数回に分けてみたり、異なる業者へなど、査定方法を色々と変えてみるのもおすすめです。

着物買取では二社以上に見積もりしてもらう

家族が残した着物が押し入れからでてきたり、いらないけど捨てるにはもったいない着物があったりということがあると思います。
そんな時は着物買取を検討してみるのがよいでしょう。
価値のない着物と思っていても、結構な値段で買取できることがあります。
現在ではリサイクルショップでも着物買取を行っていますが、専門性がさほどないため二束三文の値段で買取される可能性があるのでおすすめできません。
特に着物ですと思い入れがあることも多いので、低い値段で買取されることに抵抗を感じることもあるでしょう。
高値で買取してもらうためには、着物買取専門の業者に依頼するのがよいでしょう。
今ではインターネットで簡単に見積もりしてもらえるので、簡単に査定してもらえます。
査定も一社だけでなく、最低でも二社には査定してもらいましょう。
なかにはこちらに知識がないことにつけこんで、安く買いたたく業者もあるからです。
査定の申込もインターネットで簡単にできますので、面倒でも何社かに依頼するのがよいでしょう。

Page Top